タブレットで安全教育 グッドマントラック運転手対象に

貨物運送業のグッドマン(札幌市、岸田卓也社長)は、トラック運転手を対象にしたeラーニング(インターネットを利用した遠隔教育)を5月に始める。安全運転の基本といった内容をパソコンやタブレット(多機能携帯端末)などで学べる。勤務時間が不規則な運転手でも利用しやすくすることで、人手不足が深刻な運送業界の人材育成に役立てる。「DSSシステム」を運送会社向けに提供する。安産運転の基本やトラックの構造特性など、運転手に学ばせる必要がある内容を配信する。受講履歴の管理や試験による評価も可能だ。eラーニング受託制作ジェイ・ジェイ・エス(東京・新宿)と開発した。導入費用は1社当たり2万円。受講料は、社員20人毎につき1万5千円からとする。

 日経 2015年3月30日掲載(全国版)

記事(nikkei)20150330掲載

 

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
御社名
URL
電話番号 (必須)
お問い合わせ内容 (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか? (必須)
はい