認定試験監督者とは、PBT(ペーパー試験)、CBT(コンピュータ試験)の試験を実施する試験監督者です。
ICT能力開発協会は、認定プロクター称号を与え試験監督者を育成し応援しております。

             認定試験監督者資格

0-19

認定PBTプロクター
認定CBTプロクター
認定モバイルプロクター
認定マスタープロクター

PBT(ペーパー試験)、CBT(コンピュータ試験)による試験は、安定性、公正性、厳格性、利便性を兼ね備えたものにしなければなりません。 認定試験監督者は、受験者の個人情報の保護、試験の問題や解答に関する機密の保持、および適切な監視下にある試験環境の提供をします。 試験監督者の業務は、主に本人確認対応など試験運用全般を担当します。
認定試験監督者になる為には、認定試験に合格することが必須です。
JJSPlus認定テストセンターの提携会場の試験監督者は、すべて認定試験監督者資格(認定プロクター)として自動登録されます。
新規に認定試験監督者資格を取得するには、下記のお問い合わせをご利用ください。

※特に受験資格の制限はありません。
※日本語対応が可能であれば国籍は問いません。
※自宅や会社で受検ができるオープン試験です。
※配布資料を見て時間内にお答えいただく試験です。
※認定試験監督者として登録させていただきます。

認定PBTプロクター

PBT(ペーパー試験)で実施される試験の監督者として協会が認定します。マークシートやペーパーを利用した試験の実施運用を担当できるPBT(ペーパー試験)のスキルを認定します。
試験の実施前準備、本人確認、試験監督、終了後の解答用紙対応、最終確認などを担当します。
試験の多くは、マークシートを利用した試験形式で行っています。試験によって、実施諸条件が違っておりますので、事前情報の習得を含めた全体の運用のサポートを協会が行います。試験実施スケジュールとしては、休日開催が多く、また実施時期も集中することが多くなっておりますので、問題用紙や解答用紙、個人情報の取扱いも含めた信頼あるスタッフとして従事していただきます。

認定CBTプロクター

CBT(コンピュータ試験)を担当する試験監督者を認定します。JJS及びJ-Testingなどの提携試験プロバイダーや企業様の実施する試験監督者は、すべてこの認定CBTプロクター資格を取得しています。資格を取得し、試験監督者として各会場で試験を担当する業務に従事することができます。

認定モバイルプロクター

CBT(コンピュータ試験)を常設会場以外に特設臨時会場にて実施する試験監督者を認定します。インターネット知識やネットワーク知識が必要です。
特設臨時会場の会場設置や試験運営、試験監督者派遣などの業務を依頼することになります。
※認定CBTプロクター取得者が対象に成ります。

認定マスタープロクター

担当エリアでの認定PBTプロクター、認定CBTプロクター、認定モバイルプロクターを認定し、ハブ担当として、ヘルプデスク業務を委託させていただきます。
※認定モバイルプロクターの取得者が対象です。

0-16

※認定試験監督者(認定プロクター)受検のお問い合わせは、こちらでお願いします。

0-36

試験業務のオンライン化を応援しています。

お問合せお申込み

お名前 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
御社名 (必須)
URL (必須)
電話番号 (必須)
お問い合わせ内容 (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか? (必須)
はい