CBT-J.comは、CBTシステムと教育システムの紹介サイトです。

ペーパー試験のメリットとデメリット

 

ペーパー試験方式のイメージ

予め決められた日時に試験会場へ行き、はじめの号令で一斉に試験を開始する

受験日時や希望会場を選べないため、受験日に合わせた体調の調整や場合によっては、遠方まで足を運ばなくてはいけません。 大勢の受験生に囲まれて試験をするプレッシャーや受験中には試験監督官が歩きまわることで集中力を削がれる受験生もいます。 試験中にひとりひとりの受験生の顔と身分証明書を見比べるなどの本人確認にさかれる時間と試験を監督する時間の制約により、不正行為の摘発など、試験監督にも限界があります。 これらの方法では、替え玉受験やカンニングといった不正が発生しやすいということも考えられます。 一旦、不正が発生すると、その試験自体の価値が低下することになり、 資格試験の有益性が失われる自体も起こりえます。

0-52

 

ペーパー試験方式のメリットとデメリット

決められた日程で、大勢の受験が一斉に実施できます。

大学受験など一斉に受験する試験では、決められた日程で大勢の受験が実施できます。 主催者側にとって都合がよいというメリットが考えられます。 その反面、受験者に対しては、受験地が遠方になりやすい、受験日が選べない、個人単位のケアが行き届かず、運営者側の都合が優先されやすい、万全の不正対策が行えず、試験の価値が低下する場合があるなどのデメリットがあります

0-54JJS_Logo_W

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6853-6667 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.